社員を知る

社員写真 米嶋 大介

2013年入社

社員写真 石塚 真之

2002年入社

社員写真 平川 伸一

2013年入社

採用担当者の優しさと安定感でこの会社に決めました。

社員写真

2013年入社

子供の頃より数学が得意だったため理系大学に進学し、就活を経てこの会社に入社しました。決め手は、採用担当の方の人柄と会社の安定感に惹かれました。入社後まず驚いたのは、想像以上に皆さんが優しいことでした。今もそうですが、困ったときはすぐにアドバイスを頂けて、感謝という言葉では物足らないくらい感謝しています。

また、会社の安定感にも驚きました。これは入社してしばらく経ってからですが、同じ建設業界で働く同級生と給与面について話した際、私の方がかなり多く貰っていて驚かれ、逆にビックリしました。後から聞いたのですが、大栄電気の給与は業界内でも高い水準のようで、自慢のひとつとなりましたね。

自慢と言えば、この業界で仕事をすると、人に自慢できる実績が作れますね。この建物は私がやったんだ!的な、人に誇れる仕事という意味でもおススメする仕事ですよ。

《大栄電気の思い出》

イメージ写真

【渋谷MODI】
入社3年目で先輩や後輩に囲まれながら仕事をしていました。思い返すと、もちろん「ああすれば良かった!」等、反省点もありますが、先輩後輩と仕事帰りに飲みに行って楽しかった思い出が強く残ってますね。

コミュニケーションを大切にすれば大きな失敗はない。

社員写真

2002年入社

私は現在、現場で工事長を務めています。工事長の仕事は一言で説明すると、ヒト・モノ・カネのすべてを管理し、工事を円滑に進めることです。任される仕事量が多いため責任重大で忙しい毎日を送っていますが、部下が育っていくのを見るのが日々楽しみです。もちろんこれは私だけではなく、大栄電気全体で言えることですが、この会社は人を育てることをとても大切にしています。

若い子の中には、仕事に対し積極的な子もいれば消極的な子もいて、何事もスマートに対応できる子もいれば不器用な子もいる、いろんなタイプの社員がいます。一人ひとりにあった育成を上司が考え、それをクリアしていくうちに、気付けばそれぞれが立派な技術者になっていく…その過程を見ているととても嬉しい気持ちになります。

私が部下育成の中で一番心掛けていることは、コミュニケーションの重要さを伝えることです。これは経験談ですが、どんな困難な現場でも、コミュニケーション力があれば大きな失敗はありません。それはお客様や職人さんとのコミュニケーションだったり、上司や同僚とのコミュニケーションだったり、仕事をする上で一番大切なスキルですね。

《大栄電気の思い出》

イメージ写真

【シーバンスS館】
とにかく大きい現場で、とにかく忙しく充実した毎日でした。当時を振り返ると、良い経験を貰えたと感謝しています。この現場を経験した後輩社員は、いまは立派なエースとして活躍していますね。

入社後のギャップがなく、文字通り安定・親身になってくれる会社。

社員写真

2013年入社

私は、2013年に大栄電気に入社しました。30代後半に差し掛かり、長く腰を据えて働ける会社を探していたところ、転職サイト経由で声をかけて頂いた人事の方の対応がとても気持ち良かったのが一番の理由です。実際に入社してみて、安定・親身・風通しが良い等、外からの印象と内からの印象のギャップはなく、この会社に入社して良かったと思います。

今は、電気設備の施工を通じて新入社員の教育にも携わり、とても充実した日々を送っています。社員同士で暑気払いや忘年会等のイベントも丁度良いストレス発散の場となっていて、若い人達の参加率も高く、この会社の雰囲気が良いことを物語っていると思います。

これから入社される皆さんも、ぜひ安心して入社して頂ければと思います。失敗を恐れず…いえ、失敗しないよう、社員皆が協力し合い親身になって考えてくれる会社なので、本当に良い会社ですよ。

《大栄電気の思い出》

イメージ写真

【工事部の仲間達】
現場を任されるようになると基本はひとりです。ひとりで様々な課題を解決していかなければなりません。そのため、社内にいる時間はとても貴重で、先輩からのアドバイスや後輩への指導も含めたコミュニケーションを取るように心がけています。そんな彼らは、私にとって大切な仲間達です。

pagetop